船橋のラブホテルは少ないので、受付に美月がホテヘル嬢とバレる

  • 投稿日:
  • by

私は、船橋でホテヘル嬢をしています。今のお店に移転してくる前、デリヘル嬢をしていたのですが、ものすごいゴミ屋敷というかゴミ溜めの部屋に呼ばれたことがあって、逃げ帰ってきたことがあったのです。便器は、汚物がそのまま、浴室は、カビだらけ、押し入れには、猫のような毛むくじゃらな"何か"が布団に挟まっていたからです。

それが、私の風俗嬢歴の中で最もショッキングな出来事で、自宅派遣のデリヘルは、もう金輪際辞めようと決心したのでした。でも、基本的にぐうたら、ズボラな性格なので、まともな昼職には就けず、"絶対、お客の自宅には行かない"ホテヘルを選んだのです。

そこで、美月と改名し、今に至るというわけです。ただ、船橋ってラブホテルが、あんまりないのです。お客さんとしては、料金を抑えたいでしょうから、必然的に、その少ないラブホテルの中で休憩、宿泊費が安いラブホテルが選ばれます。そのため、何度も同じラブホテルに行くことになるのです。

ここで困ったことがあります。同伴であれば、お客さんに受け付けを済ませてもらい、私は、誰にも目を合わせることなく、お客さんに付いて行けばいいのです。しかし、お客さんが、すでにチェックインしていて、後から私が向かう場合は、受付に声をかけなければなりません。

ラブホテルで何をしようと勝手ですが、受付に何度も声をかけていれば、「ああ、風俗嬢なんだな」って思われるでしょう。受付は、目線を合わせないようにしてくれますが、まったく見ないというわけではありません。私の被害妄想ではなく、きっと気づいているはずです。

指名が立て続けば、それは私にとって報酬が増えることを意味し、よいことなのですが、ラブホテルの受付からすれば、「一日にいったい何回来るの? 毎回、相手が違うぞ。なんて痴女だ!」と思われることになるのです。

お客さんが利用するラブホテルが、無人受付だったら、こんな気苦労は無用なのですが、船橋の安いラブホテルとなると、有人受付しかないのです。お客さんに、美月は、ホテヘル嬢というのがバレるのは、仕方ないことですが、それ以外の方に知られるのは、それがラブホテルの受付という第三者であっても、やはり抵抗がありますね。

ラブホだらけの都内なら、こんな悩みは、ないのかなと思いつつ、ただいま、移転を計画中です。