新宿の高級デリヘル嬢、麻衣がお相手するオクサレ様

  • 投稿日:
  • by

風俗の仕事に染まって、どんどん慣れていったら、不潔なお客でも気にしなくなるのでしょうか。風俗嬢たちのクチコミ掲示板を覗いてみると、嫌な客ナンバーワンは、間違いなく不潔なお客なんですけど、私は、新宿の高級デリヘル店で働いているので、それなりのステイタス、医者とか会社経営者などが多く、見た目は不細工でも不潔な方は、ほとんどいません。お客さんは、みな余裕がある人たちばかりなので、身だしなみはしっかりしています。

でも、この前、指名されたお客には、鼻が曲がるかと思いましたよ。『千と千尋の神隠し』で言うところの、"オクサレ様"みたいなのが来たんですから。オクサレ様を知らない人のためにちょっと解説しておくと、主人公が働く風呂屋にやってきたヘドロをまとった神様。もの凄い悪臭を放ち、近づく者は気絶してしまうほどです。しかし、そこは、神様ですから、最後は、大量の砂金を風呂屋に残し去って行くのですけど。

で、麻衣(私の源氏名です)が、お相手したお客が、オクサレ様並での凄い臭気の方で、おそらくタバコと歯周病、それともしかしたら蓄膿症もあるのかな、とにかく息が臭いのです。顔を近づけられたら、おえーってなるし、キス何てありえないくらいです。でも、しないわけにはいかないので、します。それは、会った瞬間にわかったので、まずフリスクをたっぷり口に含んで、口移しに渡すのです。相手は、何って表情するんですけど、「おいしい?」ってニッコリすれば、相手は悪い気しないでしょ。こちらとしては、気休めでしかないんですけど。それと、キスが終わったら、シーツで自分の舌を拭いてました。

アソコも恥垢ばっちりで、それこそ戻しそうになりましたけど、まず、こちらはシャワーで念入りに洗いました。それでも匂いがとれないので、もう息止めてするしかありません。といってもずっと息を止めるわけにはいかないので、手コキが多くなります。あ、自慢ではないですが、麻衣は、素股には自信があって、中には、入れたがるお客さんがいるのですが、入ってるみたいにできるので、大体これで落ち着いてくれますね。

このオクサレ様も結局は、素股でうまくイカせたので、「何これ、入ってたんじゃない? いいの? 俺だけ?」なんて喜んでくれて、お小遣いを弾んでもらっちゃいました。やっぱり、あの臭さは病的なので、こちらもうつされたくないですから、性器との接触なんて絶対なし! ほとんど手で握っててただけなんです。そうとも知らず、チップくれるなんて、ありがたや! オクサレ様! でも、またのご来店は、ご遠慮くださいまし。