タグ「池袋」が付けられているもの

風俗のお仕事には、いろいろありますが、「理緒は、SM店で働いてます」って言うと、きっとみんなドン引きするでしょうね。もっともそんなことを話す友達なんて、ひとりもいませんが。

理緒が、SMの世界に入ったきっかけは、お金というよりも"興味"からでした。以前は、外資系の金融会社に勤めていて、それなりのポジションで、同年代の男性よりも収入があったと思います。高い服を着て、おいしいものを食べて、タワーマンションに住んで、贅沢して......、周りから見たら、羨ましがられるような生活をしていたかもしれません。でも、実際は、満たされないで、逆に満たすために、お金を使っていたんだと思います。

ある日、会社の部下の男の子が、手痛いミスをしたことがありました。いつもなら冷静に問題の解決を優先して、あとから原因を追究し、同じミスを繰り返さないように諭します。しかし、そのときは、日ごろの満たされないストレスから、つい感情的になって、怒鳴ってしまったのです。すると、その男の子は、シュンとなって両膝を付き、許しを乞うてきたのです。

そのとき、相手を屈服、迎合させることに私は感じてしまいました。頭を垂れていた彼には、気づかれなったと思いますが、私は、あまりの気持ち良さに、口角を上げ、笑顔になっていたと思います。こうして、私は、少しずつ自分の中のサディズムに目覚めるようになったのです。そして、ネットで調べたり、神保町の古書店で関連書籍を買い漁ったりして、SMの世界で頭の中をいっぱいにしていきました。しかし、そんなことをしても、思いは妄想であり、何ひとつリアルではありません。結局残るのは、満たされない空虚感だけです。

そこで、本来の私を取り戻すために、池袋のSM店の戸を叩いたのです。私は、これまで勤めていた仕事を辞め、M嬢として過ごしました。S嬢になるには、マゾヒストとしての痛みや快感を知ってこそ、サディストとしての勘どころを理解する必要があります。

プレイを終えた翌日には、全身があざだらけ、縛った跡だらけです。それでも私には、勲章のように思えました。この崇高なる精神プレイの現れに見えたからです。

それから2年。M嬢として過ごしてきた知識と経験を活かし、今後は、S嬢として生きていきたいと思います。

私は、会社に向かう途中、池袋のソープ遊びを満喫することにしました。池袋でソープ遊びをエンジョイしようと考えたのは、ときどきあります。予約なしでは楽しめないソープ店ですが、オキニが出勤ということで我を忘れてしまいました。

気になる価格は、入会金が0円、ネット指名料は0円、50分コースが、適切な16000円也。80分以上のコースで、足コキが無料ということです。よって、私が、支払った金額は16000円です。電話担当の男性は、20代前半の落ち着いた感じの方で、こちらも穏やかな気持ちにしてくれる接客でした。

プレイルームでランキング上位のあの子が来るのを待ち続けていると、15分経って、コンコンと扉が鳴る音がしました。さあ、アタリ嬢として知られる、ゆかりさんは、実物に会ってがっかりの地雷嬢でした。彼女は、横浜の銀行にお勤めとのことでしたが、はっちゃけた明るい子でした。

髪は、ふわふわボブ、セクシーOLファッションは、控えめな乳輪に心打たれます。ゆかりさんを眺めると、癒し系Gカップのご登場です!高身長のツンデレ小悪魔系痴女を待望していたのに未練が残りますが、イマラチオをやってみした。未体験のオプションオプションの脇の下の匂いかぎとオナホールを加えてみました。

ほかにも有料オプションには、足コキや手コキ等いろいろあるようです。シャワーの後、ゆかりさんの癒し系Gカップを我を忘れてちゅうちゅう吸いまくりました。ワレメをねちっこく撫で回すと、彼女は、快感に浸るように、ゆったりと身もだえまくっています。次に仰向けになりアロマオイルを垂らし、ねっとりフェラ、天にも昇る気持よさ。徐々にフェラのストロークがスピードを増し、時短しようとしていましたが、日頃からPC筋を鍛えている私はかなりの遅漏なのです。女の子の息がだいぶ上がってきました。

私の息子は、いつもはなかなかイカないのですが、やっとゆかりさんのお腹の上に射精とはなりませんでした。パンティー持ち帰りやおっぱい洗いで発射するのも最高ですが、お口に出すのは、最高となりました。料金は、適切な価格ですが、こちらのソープ店の人気嬢の容姿は、パネマジで立ち直れないくらいに悔いを残すことになるでしょう。

しかし、池袋の風俗で満足感にひたるなら、濃いプレイのソープを楽しめば大はしゃぎします。