高円寺でお金を稼ぐことができる仕事をしたいと考えている女性は多いものですが、簡単にお金を稼ぐことができる仕事というのは少ないものです。
高円寺には多くの働くことができる場所がありますが、それでも一日働き通しで一万円を稼げるかどうかというもので、日給数万円といったら夢のまた夢と感じてしまいますよね。
楽してお金を稼ぐことは出来ないといっても、日給数万円を稼ぎたいのにどれだけ頑張っても一万円程度では物足りないものです。

しかし、女性であれば高円寺で日給数万円を稼ぎだすことも不可能なことではなく、ラクして日給数万円を目指すこともできます。
高円寺で女性だけが稼ぐことができる仕事としては、キャバクラなどのナイトワークがありこれらは女性が稼ぎやすい仕事のひとつとなっています。
働き始めてすぐに稼ぎまくることができるということはないにしても、高円寺で他の仕事をするよりもずっと稼ぎやすいものですし、少し慣れるだけで数万円を稼ぐことができるため、とにかくお金を稼ぎたいと考えている女性にとっては見逃せないものとなっています。
このような仕事は体験的に行うことができますから、まずは軽く試してみてやっていけそうか確認してから本腰を入れて働くというのも一つの方法となります。

湯島でお金を稼ぎたいと思っている女性は多いことでしょうが、なかなか簡単にお金を稼ぐことができる仕事というのは少ないものですよね。
湯島に限らず、余裕のある地域というのは少ないものですから稼げる仕事というのは、本当にごく僅かなものとなってしまいます。
しかし、女性であれば楽に稼ぐことができる仕事もあり時給5000円も夢ではなかったりするのです。
それでは、湯島で時給5000円も稼ぐことができる仕事というのは一体どのようなものかというと、それはキャバクラのお仕事です。
キャバクラと聞くと時給5000円でも少しと思う女性もいることでしょうが、基本的にキャバクラのお仕事というのはお酒を飲んでお喋りをするというだけですから、特に難しいこともありません。
湯島の夜の雰囲気を味わって更に時給5000円も稼ぐことができるので、これほどおいしい仕事というのもあるものではありません。
もちろん最初から簡単に稼ぐことができるというわけではないにしても、コツさえ掴めば女性であれば誰でも稼ぐことが出来ますし、仕事の内容を考えれば女性が湯島で稼ぐことができる仕事を考えた場合、トップクラスに稼ぎやすいのがキャバクラの仕事となっています。

最近は業務委託の仕事などでも高収入で働いている女性が大勢いますが、上野で女性向けの高収入で働ける業務委託の仕事といえば、セラピストなどが代表的でしょう。

セラピストといえば、癒しの時間を提供してくれる仕事として一般的にもよく知られていますが、厚生労働大臣認可の公認セラピスト資格が必要な仕事でもありますし、まして上野のような都会のど真ん中で、企業から業務委託を受けてリラクゼーションスペースの運営をしていくとなると、高収入である分ハードルも高いという印象を受けます。
でも上野には研修制度が充実していて、資格取得までしっかりとサポートしてくれる企業がありますので、未経験の女性でも始めることができるのです。
しかもその企業には、そうやって未経験から始めた女性の内の9割が活躍しているというデータもあります。この数字を見れば安心できますよね。
またこの企業では業界経験が1年以上ある人であれば、わずか8日間の研修を受けるだけで、業務委託の仕事を本格的に始めることができます。

このように資格が必要な仕事であっても、上野にはサポート制度が充実している企業がありますし、無事に資格を取得して業務委託を受けられるようになれば、確実に高収入を得られるというわけです。
もし興味のある女性がおられましたら、ぜひ上野の詳しい求人情報を調べてみて下さい。

風俗の仕事に染まって、どんどん慣れていったら、不潔なお客でも気にしなくなるのでしょうか。風俗嬢たちのクチコミ掲示板を覗いてみると、嫌な客ナンバーワンは、間違いなく不潔なお客なんですけど、私は、新宿の高級デリヘル店で働いているので、それなりのステイタス、医者とか会社経営者などが多く、見た目は不細工でも不潔な方は、ほとんどいません。お客さんは、みな余裕がある人たちばかりなので、身だしなみはしっかりしています。

でも、この前、指名されたお客には、鼻が曲がるかと思いましたよ。『千と千尋の神隠し』で言うところの、"オクサレ様"みたいなのが来たんですから。オクサレ様を知らない人のためにちょっと解説しておくと、主人公が働く風呂屋にやってきたヘドロをまとった神様。もの凄い悪臭を放ち、近づく者は気絶してしまうほどです。しかし、そこは、神様ですから、最後は、大量の砂金を風呂屋に残し去って行くのですけど。

で、麻衣(私の源氏名です)が、お相手したお客が、オクサレ様並での凄い臭気の方で、おそらくタバコと歯周病、それともしかしたら蓄膿症もあるのかな、とにかく息が臭いのです。顔を近づけられたら、おえーってなるし、キス何てありえないくらいです。でも、しないわけにはいかないので、します。それは、会った瞬間にわかったので、まずフリスクをたっぷり口に含んで、口移しに渡すのです。相手は、何って表情するんですけど、「おいしい?」ってニッコリすれば、相手は悪い気しないでしょ。こちらとしては、気休めでしかないんですけど。それと、キスが終わったら、シーツで自分の舌を拭いてました。

アソコも恥垢ばっちりで、それこそ戻しそうになりましたけど、まず、こちらはシャワーで念入りに洗いました。それでも匂いがとれないので、もう息止めてするしかありません。といってもずっと息を止めるわけにはいかないので、手コキが多くなります。あ、自慢ではないですが、麻衣は、素股には自信があって、中には、入れたがるお客さんがいるのですが、入ってるみたいにできるので、大体これで落ち着いてくれますね。

このオクサレ様も結局は、素股でうまくイカせたので、「何これ、入ってたんじゃない? いいの? 俺だけ?」なんて喜んでくれて、お小遣いを弾んでもらっちゃいました。やっぱり、あの臭さは病的なので、こちらもうつされたくないですから、性器との接触なんて絶対なし! ほとんど手で握っててただけなんです。そうとも知らず、チップくれるなんて、ありがたや! オクサレ様! でも、またのご来店は、ご遠慮くださいまし。

男の人って、女よりも精神年齢が低いって言いますよね。美樹は、それがいくつまでの話かわかりませんが、私が働いている大宮のとあるイメクラ店に来るお客さんを見てると、そんな気がします。まあ、私が好きなBL(ボーイズラブ)の世界も妄想だらけだけど、お客さんの妄想もまた、凄いですね。こちらは、想像を超えて、現実にプレイしちゃいますけど!

知らない人は、ほぼいないと思いますが、イメクラは、イメージクラブの略で、コンパニオンが、衣装を着て、それに応じた演技をしつつエッチなサービスをするというものです。演技といってもアニメやゲームなんかのキャラクターを忠実に再現するとかはないのですが、まあ、ちょっと決め台詞なんかを言う程度ですね。

リクエストとして多いのは、セーラー服や看護服ですね。セーラー服であれば、学園ドラマのように生徒と先生の禁断の恋、あるいは、通学途中での満員電車痴漢プレイなんかが多いです。看護服は、先生と看護師の許されざる関係、あるいは、患者と看護師のエッチな診察みたいな実に、アホでバカバカしいプレイを真顔でするわけです。

しかも、相手はたいていキモいオッサンで、それが鼻の穴を大きく膨らませて、臭い息を吐き出しながら、迫ってくるのです。それはそれは、反吐がでるほど気持ち悪いプレイなのです。そんな罰ゲームのようなプレイのお相手をすることで、美樹は、お金をもらうわけですが、逆にお金を払ってもいいから、ボーイズラブをイメージプレイしてみたいです。

あ、でも美樹は、レズでもないし、キレイな男の人を相手にエッチをしたいというわけでもありません。美少年同士が、エッチなことをしているのを目の当たりにしたいという変態さんなのですが! でも、こんなのは夢のような話は、どんなにこの世の中が豊かになっても、インターネットが便利になっても現実にありえないのです。あれば、私のような女の子が、大枚叩いて美少年たちの絡みを見に行くというのに! 日本国憲法は、男女平等と言っておきながら、現実には、全然不平等でございます! 

そんなこんなで、休日の美樹は、埼玉から池袋まで出てきて、女子がレジを勤める書店で、BL本を週刊誌でサンドして、オカズを大量購入。ホクホク、ニヤニヤ顔でオナニーをして、ぐっすりお休みするのです。こんな生活を誰かに見られたら、腐女子と言われてもしかたないかも、です。グッナイ!

日暮里のデリヘル店で働く亜美から、風俗遊びをしている男性諸氏に言いたいことがあります! それは、韓国デリヘルのホームページやポータルサイトで使われているデリヘル嬢の写真が偽物だと言うことです。

韓国と言えば、整形大国ですよね。ミスコンなんかをやると、みんな同じ顔で決勝戦をするわけです。確かにみんなカワイイ、美人さんで、姉妹みたいです。おそらく主治医が同じなんでしょうね。顔は引きつって笑顔以外の表情は作れませんw。そんな整形美人さんが、お客さんのところに来てくれたら、見た目だけでは満足できるでしょう。でも、現実は、まずそうした整形美人さんは、あなたのところには来ません。

韓国デリヘル店の紹介写真は、まずインターネットのどこかからか、韓国整形美女の写真を入手することから始まります。それをフォトショップという魔法のツールで、平らな胸をバスケットボールが入ったようなオッパイに、ウエストをキュウキュウに絞り、艶めかしい腰のラインに仕立てるのです。これでボッキュッボンのグラマラスボディの出来上がりです。でも、よく見てください! 隣も、また隣も同じ顔してますよ。おそらく、理想の目、鼻、口がパーツ管理されて、それをエラを削って小顔になった顔にペタペタ貼ってているのでしょう。だから、みんな同じ顔。韓国美容整形なみの写真加工術なのです。これをパネルマジック、パネマジって言うのです!

こうした加工写真から女の子を選んでも、来るのは、一重まぶたの眠い顔、オッパイ平らで、垂れたケツの韓国オバサンが、アニョハセヨ! 扉を開けて、現実を目の当たりにしてももう遅いです。チェンジしても、別のおばさんがアニョハセヨ! 下手したら、別の名前を語って同一人物が来ることも!? 「違うだろ!」と抗議しても「ごめん、化粧とれたから」「ちょと太った」など、嘘をつかれるだけです。

「いや、そんなことないですよ! この前、超キレイな韓国美女が来ましたよ!」というおめでたいお方に言いたいです。その人、元男子じゃないですか? 男子は、男子の勘どころ良く知ってますからね。フェラうまいですよ。「オキャクサン、カッコイイカラ、トクベツネ。ナイショネ」ってつながったりしていませんか? ご愁傷様です。

亜美は、嘘っ子なしの本物ですよ! おっぱいは天然ナチュラルGカップ! 凄いでしょ!? サイズ100センチ、つまり1メートル! た、体重も100キロ、0.1トンあるけど、超気持ちいい! ご指名お待ちしています!

「どうしてソープ嬢なんかしてるの?」って聞いてくるお客さんがたまにいるけど、本当のことを話すのは面倒だから、「悪い男につかまっちゃって」と話しています。「どういうこと?」って詮索するお客さんには、「その話すると長いから、プレイ時間なくなりますよ」っていって切り上げてます。

ただ、吉原のソープ店から川崎に移ってきた話なら、してもいいです。もっともそんな話を聞いてくるお客さんは、いないのですが。

一般的な話をすれば、風俗の仕事の中で、ソープランドが一番稼げるということになっています。高級デリヘルは、どうだとか、そんな話は抜きにして。以前は、吉原の、いわゆる"高級店"と呼ばれるソープランドで働いていました。本指名してくれるお客さんがそこそこいて、そこそこ稼がせてもらっていましたが、ほとんどのお客さんが、90分、120分のコースを選ぶわけです。

ソープ嬢によっては、「接客数が少なくて、サービス単価が高いから、効率的に稼げて羨ましい」と思うみたいですが、私にとって、この長さがしんどいのです。まず、話ができないので間がもてません。「こちらのお店は、初めてですか」なんて挨拶は、本指名の客には使えないですし、「今日は雨ですね」という天気の話題は、客も私も後が続かないです。「今日は、お仕事お休みですか?」って聞いてもだからどうしたって感じで、やっぱり会話を続けられないのです。何とか考えて、ポツリと話してもそれきり。微妙な空気が流れるわけです。

それと、この長さだと、ひとりのお客さんで2回戦が基本になるので、体力をものすごく消耗します。1回戦が終わったお客さんを再び元気にするのに体力を使うことがあるし、休みなく2回戦をするわけです。これが、45分、あるいは60分のお客をふたりずつなら、ひとり終わるごとに短くても休憩を入れることができるのですが、ロングだとお客さんの前で休むわけにいかないですからね。

それと、高級店だからということで、NSを強要されることがあります。万が一のためにピルを飲んでいますが、病気をうつされるリスクがありますから、どんな常連さんでもNSは嫌なんです。

吉原のお店では、2年くらい働いて、精神的にも肉体的にも疲弊してしまって辞めました。それから3か月くらい家でボーっとして、貯金がなくなってきたので、川崎の大衆ソープで働くようになりました。サービス単価が安いけど、苦手な会話をしなくていいし、45分か60分のコースだけで2回戦はなし。お店には、ロングコースもありますが、わがまま言って、そうしてます。収入は減りましたけど、そこは、ソープなので、そこそこ稼いでいます。

朱莉は、錦糸町のオナクラ店で働いています。学校の長期休みだけ働く子や、仕事が合わなくて1日で辞めちゃう子がいますが、私は、2年間在籍していますので、結構先輩です。あ、一番古いかも!? でも、年は、20歳です! そんな朱莉が、言わせてもらいます。「ここはオナクラ店じゃないじゃん! 手コキ店じゃん!」と。

いかにも「儲かります、簡単です」っていう触れ込みで、面接を受けて、仕事の内容を詳しく聞いたら、脱ぎあり、舐めあり、お触りありで、全部反対でした。朱莉は、結婚を前提にお付き合いするような男性以外には、脱ぎたくないですし、舐めたくもありません。当然、お触りも触られるのもNGです。店長からは、「せめて手コキは、お願いしますよ。どうしてもって言うなら、採用はしますけど、それじゃ、全然稼げませんよ。それでもいいですか?」と懇願されましたが、拒否!

そんな面接から2年が過ぎて、私は、何人ものオナクラ嬢、いや手コキ嬢を見てきました。妥協しちゃう、店長に騙されちゃう子は、手コキ嬢になって、みんなすぐ辞めていきますね。私は、純粋なオナクラ嬢です。いまだに手コキはしません。だって、男の人のアレを握るだなんて、朱莉には、絶対無理です。臭くて、ドロドロしたのが手や服、まして、顔にかかったらどうするんですか! 病気になって、お医者さんに診てもらって、手術ものですよ! 絶対、ぜーったいそんな目には遭いたくないですからね! でも、大好きな彼のだったら、できるかもしれません。......その彼は、まだ現実にいないのでよくわかりませんけど。

朱莉は、勤務態度まじめです。授業を終えれば、夕方6時から夜の12時まで、授業のない週末は、お昼から夜の10時まで働いています。まわりは、不真面目な人ばかりで、ほんの2、3時間なんて人もいますが、これだけキッチリ勤務しているのは、朱莉だけですね。エッヘン!

今日は、授業が休講になったので、いつもより2時間早く出勤しちゃいました! すると、店長が、「朱莉ちゃんさ、もう2年になる? そうやって一度も接客しないで、待機室のお菓子食べたり、ジュース飲んだり、ネットサーフィンしてるだけでしょ! うちはオナクラ店であって、ネット喫茶じゃないんだよ。もういい加減やめてくれる!」
「な、なんでそんなこと言うんですか? だったらオナクラのお客さん、連れてきてくださいよ! 朱莉、とっても迷惑してるんです。こんなに長く待機してるのに、今日だって、早出してるのに、バイト代一度ももらってないんですから!」
「大体、今までどんだけ菓子食ってんだよ、デブ! 体重80キロもあるオナクラ嬢なんているか! 出てけっ!」

現在、一緒に働いてくださる小岩の女性を募集しています。小岩を訪れるお客様とおしゃべりなどを楽しむお仕事なので、特別なスキルはいっさい必要ありません。女性の先輩がやり方をひとつひとつていねいに教えるので、未経験者の方でも大丈夫です。小岩周辺にお住まいの女性であれば、誰でも応募することができますので、興味を持ったらまずはご連絡ください。お店は初心者から熟練者まで、幅広い年代のスタッフが働いています。小岩のお店には日給で3万円ほどを稼ぐ女性スタッフがいますが、本人のやる気次第では、それ以上の金額を稼ぐことが可能です。努力すれば日給で3万円ほどの金額を手に入れることができるので、本職として力を入れたい方はもちろん、ほんの少しお小遣いが欲しいという方にもおすすめの仕事です。3万円ほどの日給を安定して得ることができれば、会社勤めの正社員よりも稼げることになりますから、自分に自信を持つことができます。仕事を続けていくことで自然とコミュニケーションスキルが磨かれ、お客様と会話を通じて豊富な知識が得られるので、成長を実感できる仕事といえます。小岩周辺の女性で、日給で3万円の高収入を得られる仕事に興味がある方は、ぜひご連絡ください。

愛空が、新軸のアロママッサージ店で働くようになったきっかけは、将来、風俗ではない、美容のアロマエステティシャンになるためです。美容エステサロンに入店するときに、資格があると有利かなって思って。

今のお店は、週に1度、アロマオイルの講習があって、それが無料で受講できるのです。テキストとアロマオイルそのものは、自費購入ですが、それは当然ですよね。3か月で入門編が終わり、次の半年で中級編を本格的に学んでいきます。それが終わると、ディプロマという証明書がもらえます。今は、風俗のお仕事だけど、将来、これを持って美容エステサロンに行ければなと。ただ、美容エステは、お給料の面で決して恵まれた業界ではないようなので、風俗マッサージのお仕事で稼いで、ある程度の貯金をしておいて、当座の生活費に充てようと考えているのです。

ただ、実際に仕事をしてみると、せっかく身に着けたアロマオイルの知識を披露する場がほとんどないのです。お客さんに説明しても「へえ、いろいろあるんだねー、どれもいいねー。それはいいから、早く抜いてくれないかな?」って感じで、アロマオイルの効用よりも性的に満たされたいって方たちばかりです。そこは、風俗のお店ですから、仕方ありませんね。諦めます。これで、お金がもらえるわけですし、さらにアロマエステティシャンとしての勉強ができるのであれば、努力のし甲斐があるってものです。

と思って、アロマオイルの講習、入門編、中級編を受講しました。人前で裸になって、エッチなマッサージをするのは、とても嫌でしたけど、アロマオイルとマッサージについて勉強できればと、9か月間、頑張ってきたのです。そして、ついにディプロマ取得です!
 これで、エッチなマッサージ、お客さんともお別れです! どうもお世話になりました。もう二度とこんなことはしません! さようならっと!

愛空は、講習の修了と同時に、風俗店を辞めました。そして、念願の美容エステサロンへの就職活動を始めたのです。職歴にこれまでの9か月間のことは書けませんが、私にはディプロマがあります! 私が、勇んで面接に行くと、驚愕の事実を知らされることになるのです。

「このディプロマは、どちらで取得したものなんですかね?」
「え、いや、その......(風俗店でなんて言えません!)」
「どこかの団体が出したものですかね。えー、修了証ということなんでしょうけど、レベルを証明する認定資格ではありませんよね。何かお持ちですか?」
「......」

結局、ディプロマって役に立ちませんでした。あの嫌な体験は何だったんだろうって後悔していますが、しっかり貯金していたので、そのお金で専門学校に行っています。そこでは、試験に合格すれば、認定証がもらえます。今度こそ、しっかり美容エステティシャンを目指そうっと!